2018/5月

5月15日(火)

中学3年 LHR「進路適性検査」

6限のLHRでは、進路適性検査(進路クラブ)が行われました。生徒たちは「改めて自分の将来について考えることができた」と検査を有効に活用しているようでした。 将来が漠然としている生徒も今回の進路適性検査をきっかけとして自分に合った職業が見つかることを期待しています。

5月8日(火)

IGS キャリアガイダンス

山口記念館ホールにて、IGSクラスのキャリアガイダンスが行われました。高校2年生・3年生の代表生徒がこれまでに参加した校外学習で考えたことや身についた力、そして校外学習に参加することの意義などをスライドにまとめ、発表をしました。高校1年生をはじめとした生徒たちは大いに刺激を受けたようで、メモをとる様子からも、校外学習やセミナーへの参加意欲が見受けられました。今回のガイダンスが、自己のキャリアデザインについて考えるきっかけとなることを期待しています。

中学3年 キャリアガイダンス講座

山口記念館にて、中学3年生対象のキャリアガイダンス講座が行われました。第1回目となる今回は、千葉地方裁判所裁判官の佐々木惟子氏をお招きし、裁判官の仕事や民事裁判について話していただきました。「社会人として仕事をすること」など、実体験を基にした多岐に渡る内容で、生徒たちは熱心にメモをとっていました。今回のガイダンスを通して、自分の「職業観」を考えるきっかけになることを期待しています。

5月7日(月)

高校3年 進路ガイダンス

高校3学年では、進路指導部によるガイダンスが実施されました。志望校決定までの取り組み方を中心に、模試を受験することで学力を明確に把握できること、多様な入試方法から自分の得意科目を生かせる方式を見極めることが重要だと、具体的な数字を元に細かなところまでアドバイスがありました。今回のガイダンスを受けて、生徒の中での「大学入試」がより具体的なイメージとなり、進路を検討するうえでの判断材料が豊富になったのではないかと思います。

5月1日(火)

中学2年 ESP「将来について考えよう」

「将来について考えよう」と題し、chromebookを使用して様々な種類の仕事について調べました。多くの職業への理解を深めることで、将来について具体的な目標を見つけるきっかけになればと思います。

先頭へ戻る