閉じる

八千代松陰中学校

中学2年生 外国人留学生と歩く両国遠足

投稿日2019/11/14

中学2年生の遠足は、「日本の文化を見つめ直す」をテーマに、両国に出かけました。
江戸東京博物館を見学し、両国の街をグループごとに散策しました。
ただの「遠足」とは違うのは…グループに一人、さまざまな国から来た外国人留学生がついてくれたことです。

生徒たちは事前に、自分のグループについてくれる留学生の国について調べました。
また、日本の文化を紹介するミニプレゼンも準備し、留学生に向けて発表しました。
英語でのコミュニケーションの機会となったのみならず、留学生の国の文化を知り、それと比較しながら日本の文化を再認識したことと思います。
また、墨田区の職人さんの仕事に触れる「小さな博物館」も訪れ、日本の技・技術にも触れることができました。
何より、生徒たちも、外国人留学生たちも、楽しそうな笑顔で散策していたのが大変印象的でした。

これから総合的な学習の時間には、この外国人留学生の国を訪れるツアープランとガイドとを制作していきます。
この遠足を機に、グローバル社会で活躍できるような、異文化理解とチャレンジ精神とを身につけてもらえればと思います。
次回は、来年3月の修学旅行で、外国人留学生と再び、京都の街を散策する予定です。
それまでの半年間、しっかり準備を進めていきたいと思います。

 

Copyright(c) Yachiyoshoin gakuen All Rights Reserved.