閉じる

八千代松陰中学校

土曜日オンライン講座がおこなわれました

投稿日2020/7/5

今日もたくさんの講座が開かれ、生徒たちはさまざまな学びに参加していました。今日の開講講座は、「happy」「私たちの住む世界のカラスは白い?」「ミライの選択」「ミライの判断基準」「声と身体のレッスン」「Career & Communication」「Presentation Skill スライドづくり編」の7講座でした。

「happy」は、同名映画を見て、映画の内容について議論する講座です。「どうしたら私たちは幸せになれるのか?」という哲学的な問いを、JamBoardというツールを用いながら、グループで議論を整理し、深めていきました。

「声と身体のレッスン」では、現役の役者である薄平広樹氏によって、コミュニケーションの意味や方法、そして「話すこと」と同時に「聞くこと」の大切さについても学びました。学年をこえ、初対面のメンバーでありながら、仲良く打ち解けて笑いながらつながっている姿が印象的でした。

午後は、特別編として学部学科ガイダンスもおこなわれました。法・政治学、データサイエンスなど7分野にわかれて、将来の大学での学びについて考えることができました。

以下、生徒たちの感想です。

「最初この講座の紹介を見たときは役に立ちそうだけど、自分自身人とのコミュニケーションが苦手なのと、スライドを作ったことがなかったのでついていけるか不安でしたし受けるか迷いました。
ですが、実際に受けてみると先生がフレンドリーなので活動に参加するのも気軽に受けられて、活動もとても楽しく、これからもたくさん役立ちそうなスライド作りのコツや基本的なスライドの作り方が学べたので本当に受けてよかったと思いました。また、チームの人達も良い人ばかりだったのでより見やすいスライドを目指して協力できたりしてすごく楽しかったので、このチームでスライドを作って行けて本当に良かったなと思います。(後略・Presentation Skill)」

「コミュニケーションは話すことが1番重要なことだと思っていたのですが、今回の講座を通して、人の話をじっくり聞く姿勢や、相手を肯定し認めることこそが真のコミュニケーションなんだなと感じました。(声と身体のレッスン)」

 

Copyright(c) Yachiyoshoin gakuen All Rights Reserved.