閉じる

八千代松陰高等学校

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

AEM 3年「特別化学実験」

投稿日2023/5/19

定期試験の午後、AEMコース高3希望者による「特別実験教室」が行われました。生徒の様子から、実験する楽しさ、知識を獲得する興奮が、伝わってきました。

第1弾 「マンガン乾電池を作ろう!」

化学エネルギーを電気エネルギーに変換する装置として「マンガン乾電池」を手作りしました。電池の仕組みをしっかり理解することができました。乾電池内に含まれる化学物質を検証する実験も行いました。

第2弾「エステルの性質・合成とヨードホルム反応」

身近な香料の成分であるエステルを合成し、更に、分解反応を確認。最後にヨードホルム反応(陽性or陰性)を確認しました。

写真の下に生徒感想があります。ぜひ御覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒の感想・・・

  マンガン電池を作るときに亜鉛板の内側につけていたセパレーターを水で湿らせていたことが気になって調べてみました。すると亜鉛板と二酸化マンガンの間に水を挟む事によって空気の隙間を水で埋めることができ接触を良くすることができ、反応を早めることができるということでした。こういうところでただの反応式通りにやるのではなくちょっとした工夫によって実験をやりやすくすることはすごく大切なことだと思いました。また、二酸化マンガンと塩化アンモニウムだということを検証する時間を作ってもらったのもすごく頭の中に入ってきてとても良かったです。少人数で出来たからこういうこともできて良いなと思いました。酪酸はとにかく臭かったです。銀杏を熟した匂いや足の匂いのもとになる元の物質でした。また、酪酸は腸内で短鎖脂肪酸という物質に変わるようで、大腸のエネルギー源になる重要な性質があるみたいでした。あの臭さからは考えられないような重要な作用があることがわかりました。酪酸でも酢酸と同じような反応が起こりました。酢酸エチルが、ボンドやフルーツのような匂いがしたのは揮発性の液体でパイナップルのような果実臭があって実際にパイナップルやバナナなどの天然の果実油にも含まれているようでした。ここからフルーツのようなにおいが感じられた理由がわかりました。 高濃度になると接着剤や除光液のような刺激臭がすることからも、ボンドの匂いが感じられた理由もわかりました。
  最近授業でも「有機」をやっていてその範囲と結構重なっていたところもあったので、考えやすく勉強したことの実践みたいな感じで楽しかったし理解に繋がったと思いました。

Copyright(c) Yachiyoshoin gakuen All Rights Reserved.