閉じる

八千代松陰高等学校

第2期土曜日オンライン講座がおこなわれました

投稿日2020/6/1

今回おこなわれた講座は2講座。

一つ目は、河合塾未来研究プログラムより「ミライの選択」。ふだんあまり意識することのない「決め方 decision making」についての講義と演習がおこなわれました。自分の進路選択をより広く、かつ論理的に、自分を見つめながら考える機会になりました。

二つ目は、IGS卒業生の会より「『外国人』として生きる」。38期卒業生の臼井さんが講師となり、中国在住時の経験から学んだことについて、ご講演と質疑応答がおこなわれました。

いずれの講座でも、終了時間を超えても質疑が終わらず、大変有意義な時間となったようです。

以下、生徒の感想です。

「(前略)私は何に対しても優柔不断なところがあるので、今回知れた「決め方」を活用して行きたいなと思いました。高校での選択教科は何にするのか、部活を何にするか、大学はどこにするのか。私はこれからいろいろなことを決めなければいけないと思います。そこで正しい判断ができるようにしたいなと思いました。」

「将来海外で仕事をしたり、移住したいとも考えている私にとってとてもタメになる講座でした。渡航経験は何度かありますが、現地での出来事に日本との優劣をつけ、日本をあたりまえとしたうえで現地のことになぜだろうと疑問を持ち、そのまま帰国していました。しかし、この講座に参加して、”一旦受け止める”ことが大切だと学びました。(中略)海外旅行では感じられない、長期滞在だったからこそ得られたであろう経験談をお聞きできたこと、ありがたく思います。(後略)」

Copyright(c) Yachiyoshoin gakuen All Rights Reserved.