閉じる

AEMコース

YACHIYOSHOIN’s CURRICULUM

「英数」をキーワードに未来を切り拓く。
持ち味を最大限に伸ばすカリキュラムに進学補講(ESTゼミ)を加え、
徹底的に学力の向上を目指す新たなコースが始動します!

なぜ英語か
思考を表現する英語

グローバル化が加速することにより、過去10年の発展が今後数ヵ月で遂げられるようになると言われています。世界の一地域の出来事があっと言う間に広がり、私たちの生活がどんどん豊かになっていくのも、逆に、世界を苦しめることになるのも、加速するグローバル化ゆえの現象で、今後ますます課題解決のための異文化間協力が必要となります。
グローバル化が進む中、未知の出来事に素早く対応するためには、異文化を理解し、互いの「思考」を正確に素早く共有することが不可欠です。そのためのツールとして高度な英語力の習得が絶対条件となるのです。

なぜ数学か
創造を表現する数学

科学技術が急速に進歩する中、情報処理に優れる「AI」が人間の役割の多くを担う世の中になると言われていますが、情報の中から新しいものを創造することは「AI」が最も苦手とする分野です。「創造」に欠かせないのは、未知の出来事と対峙可能な数学的思考に基づく論理的考察力。数学は単なる数字の学問ではなく、創造する一連の作業を表現する言語と言えます。数学力を高めることは将来の選択肢を広げ、社会に影響力を持つための原動力を得ることにつながるはずです。

AEM COURSE POINT

POINT1
英語と数学を軸に徹底した学力育成
英語と数学を軸に、基礎から発展まで徹底して学習する特別なカリキュラムを用意。単なる暗記ではなく、考える力を伸ばしていきます。授業は特別な教材を活用し、高校2年までに3年間の履修内容を終了します。定期試験は行わず、模擬試験の結果や小テスト、資格検定の取得状況により成績をつけ、最難関の大学に現役合格できる本物の学力を育成します。
POINT2
ハイレベルで展開される「ESTゼミ」
通常授業のほか、特別補講「ESTゼミ」を開講します。90分週2回の「数学ESTゼミ」、50分週2回の「英語ESTゼミ」に加え、生徒の興味や関心を広げるための特別セミナー(ガイダンス・講演会など)も実施します。高校3年次には「理科ESTゼミ」「地歴ESTゼミ」も開講されるため、文系進学希望者への対応も万全です。
POINT3
コース担当が“1チーム”できめ細やかな指導を実践
少人数固定クラスで、コース担当者が生徒に寄り添って指導します。個々の苦手分野、成績の推移、成長の度合いに応じたサポートを徹底して行うため、難関国立大学受験にも安心して臨めます。基礎学力のフォローアップ補習も随時開講します。1つのチームで進路指導やメンタルケアにも対応し、希望進路の実現を可能にします。

AEM(英数特進)コースだからできること

副校長の金子智之先生に聞きました
金子 智之 先生

どのような生徒さんに入学してほしいですか?
英語や数学に限らず、とにかくしっかりとした学力をつけたいという、強い気持ちを持った生徒に入学してほしいです。高校3年間で身につけた高い学力を原動力に、最難関大学への進学はもちろん、その先のキャリアにつなげ、世界に貢献できる人材になってほしいと思っています。

AEM(英数特進)コースならではの特色はありますか?
入学直後から、次の大きなステップとなる大学進学を想定した教育が始まります。英語と数学を中心に、2年終了までに基礎から発展まで「ESTゼミ」というハイレベルな特別補講をカリキュラムに加えて鍛え上げ、3年の授業では、難関大学が出題する多様な問題にも対応可能な応用力の強化を行います。真の学力を伸ばすことに重点を置き、英語と数学に関しては定期試験を行わず、授業中に行う実力テストや各種資格試験の取得状況などを参考に学力を評価します。

AEM(英数特進)コースは理系でないと入学できませんか?
文系、理系どちらを希望している生徒でも入学可能です。国立大学はもちろん、私立大学の文系学部入試でも英語と数学の学力が高いことで選択肢が広がります。大学進学後や社会人としてのスキルアップの際にも、数学力が求められる場面が多いはずです。

Copyright(c) Yachiyoshoin gakuen All Rights Reserved.